結婚相談所のお見合いは会話のキャッチボールが基本!

結婚相談所でのお見合いではお互い初対面で緊張します。ぎこちない会話で話題がなくなり会話が途切れてしまってはせっかくのお見合いもうまく行かなくなります。

 

そこで私が実際に試したお見合いの会話のネタ探しの方法と会話のキャッチボールのポイントについて紹介します。

 

 

 

私の会話のネタ探しの方法は?

男女の会話

 

実際のお見合いで私は会話のネタ探しをどう準備していたか?

 

お見合いが決まると当日までお相手女性のプロフィールを穴が空くほど熟読します。

 

理由は会話のネタを探すため、です。

 

私は会話が続かなくなることを心配して、あらかじめ聞くことを10個以上リストアップしてからお見合いに臨んでいました。

 

まずはプロフィールからネタ探しです。

 

思わず「これって何?」ってツッコミしてしまうようなネタがあれば儲けものです。絶対盛り上がります。

 

趣味や特技、自己PRの部分から拾えればいいのですが、中には何のツッコミどころもないつまらないプロフィールの方もいて、何一つネタが拾えないこともありました。

 

こういうプロフィールだと相手の女性もきっと苦労するでしょうね。これは結婚相談所の責任です。プロフィールを軽視しているとしか思えません。

 

 

そういう場合は、プロフィールに関係なく聞けることを準備していました。たとえば「最近、どこか旅行とか行きましたか?」から旅行の話を広げるとか。

 

テレビだったら「最近、よく見てるドラマとかバラエティ番組ってありますか?」とか。

 

芸能人ネタなら「好きな芸能人とかいるんですか?」

 

食べ物ネタもいいですね。「最近、コンビニでハマってるスイーツとかあります?」とか。

 

 

 

だいたい10個リストアップして、終わるまでに10個使い切るというのは稀です。

 

1つのネタから会話を広げていけばそれなりに会話を続けることができるので多くて7~8個使えばいい方です。

 

中には会話が続かなくて次々とリストアップしたネタを使う場合もあります。こういう方はこちらもお断り候補なのであまり時間をかけずにキリのいいところでお見合いを切り上げます。

 

たまに雑談上手な方がいて、いつの間にか雑談からお見合いが始まって、気づけば用意したネタを使うことなく自己紹介する前に30分以上時間がたっていた、なんてことも(まあ、今の奥さんのことですが)。

 

ちなみにリストアップは紙に書いておき、相手が来る直前まで忘れないように何度も覚えてました(^_^;)

 

会話しながら頭の中で「次の質問どうしようかな?」とか考えていると会話がおろそかになってしまうので、ある程度準備しておくといいと思いますよ。

 

 

 

 

 

会話のキャッチボールできてますか?

 

まあ、会話のネタを事前にリストアップするのはあくまで会話のきっかけとしてです。

 

大事なのは会話のキャッチボールをすること

 

 

自分だけが一方的にボールを投げるわけではありません。むしろ相手に全力で投げさせて、自分は捕球し、相手に投げ返す、みたいなイメージです。

 

もちろん時にはワンバウンドしたり後ろにそらしたりしてうまく捕球できずキャッチボールが成り立たないこともあるでしょう。

 

でも何球も投げていればそのうちど真ん中に行く球も出てきます。相手がしっかり捕球できれば相手もこちらに向かって投げてきます。

 

そしたらその球は何があっても捕るんです。たとえ球が後ろにそれても全力でとりにいき、また相手に投げ返す。その繰り返し。

 

 

そうすれば会話もかみあってくるし、相手の話す内容に必ず何か次の話題につながるヒントがあります。だから相手の話をしっかり聞くことが大事です。

 

私が心がけたのは相手に対して強く興味を持つこと。愛情の反対語は無関心と言いますが、相手に強く関心を持って会話していれば、それは必ず伝わるのでは?と思いますよ。

 

 

 

 

会話の基本的なテクニック

会話 噛み合わない

 

あらためて紹介するまでもないと思います。みんな多かれ少なかれ使っているテクニックでしょう。

 

 

オウム返し

 

ちなみにオウム返しに相手の話す内容を繰り返すのも有効な方法です。

 

お相手「私、最近、ヨガにハマってるんです」

あなた「ヨガですか?」

お相手「ホットヨガなんですが、すごい汗が出るんです・・・」

 

 

リアクションをとる

 

興味ない話題でも少し大げさに相槌打ったりうなずいたりするだけで相手は話しやすくなりますね。

 

できれば相手の話に対して手を叩いて笑うなどリアクションをとると「この人は私の話を興味を持って聞いてくれている」と伝わります。

 

明石家さんまは「さんま御殿」で笑うときに人形のついた棒でテーブルをバンバン叩きますよね。あそこまでやるのは大袈裟ですが、リアクションのとり方は勉強になります。

 

 

質問されたら質問をし返す

 

相手が質問してきたことは、逆に自分にも聞いてほしいという合図ですから、自分が答えた後は相手にも質問を投げ返すといいでしょう。

 

ただし、自分が答えずに質問に質問で返す「質問返し」は失礼にあたります。

 

お相手「趣味は何ですか?」

あなた「あなたは?」

お相手「・・・」

 

もしこんな質問返しされたら真面目に答える気がないと思われてしまいますよ。

 

 

 

知らないネタでもスルーしない

 

詳しくないネタだからスルーして次の話題にしたいと思っても、それは思いとどまった方がいいです。

 

相手が話したいネタならとことん聞きましょう。オウム返しに相槌を打ってるだけでも会話が成立します。

 

それに聞いているうちに何か話を広げられるきっかけが見つかるかもしれないですから。

 

会話は自分だけが話さなきゃいけないわけではありません。そう思うと大変ですが、相手に気持ちよく話してもらうようにすれば案外ラクができますよ。

 

 

 

やってはいけないのは一方的にしゃべること。

一方的に話す

 

あなたはもしかして一方的にしゃべる行為を無意識にやっていませんか?もし心当たりがあるなら心して読んでください。

 

一方的にしゃべると話している自分はとても気持ちいいから会話が盛り上がったように感じます。時間も1時間半とか2時間と長時間になるでしょう。

 

相手は失礼のないようにニコニコしながら最低限の相槌ちをしてくれるでしょうが、もしかして興味を持って聞いてくれたと勘違いしてませんか?

 

こうなると確実にお断りされます。「あんなに盛り上がったのになんで?」とあなたは思うでしょう。

 

そしてあなたはなんでお断りされたのか原因も分からないまま次のお見合いに臨むことになるでしょう。

 

このパターンはやってはいけないパターンです。

 

一方的に話す男性って印象が悪いです。なぜかって?

 

まず、相手を受け入れない器の小ささが気にかかります。それに相手に対する配慮もできない気が利かない人物に思われます。

 

さらに、こんな一方的な調子じゃ人間関係もうまくいかないだろうから仕事もできない人に違いないと誤解を受けます。

 

とにかく女性にとっては会話が辛く感じ、楽しくないと感じます。すると「この人とはなんか合わないかも」と思い、お断りされることになります。

 

もし心当たりあれば百害あって一利なしなので一方的にしゃべるのは止めましょうね。

 

 

 

婚活の会話力UPのためにできることは?

 

ではお見合いでもっとうまく会話するためにできることは他にないのでしょうか?

 

そこで参考になりそうな書籍と、参考になりそうなサービスを紹介します。

 

 

(1)カリスマ婚活アドバイザーの会話ノウハウ

 

男の婚活は会話が8割 「また会いたい」にはワケがある!(植草美幸/青春出版社)

 

 

カリスマ婚活アドバイザーとして3日に1組を結婚させているという植草美幸さんが書いた本です。

 

曰く、婚活がうまくいかない男性を分析して分かったのは女性を喜ばせる会話術をまったく身につけていないから、だそうです。

 

女性に「2回目はないわ」と思われてしまうNG会話が紹介されており、使える会話フレーズなども載っているそうです。興味のある方はぜひどうぞ。

 

 

(2)お見合い練習サービス「おみれん」

 

結婚相談所のBridalチューリップが行ってるオプションサービスにお見合い練習サービス「おみれん」があります。

 

お見合いのシミュレーションを行い、改善点などをフィードバックしてもらいます。

 

結婚相談所がいくら親身にサポートしてくれても、お見合いの場に最初から最後までいるわけではありません。

 

だから結婚相談所がいくら優秀でもお見合いの会話について具体的なアドバイスってなかなかできないものです。

 

もしお見合いで会話がうまく行っていないという自覚があるなら試してみる価値はあるでしょう。

 

ちなみにこのサービス、Bridalチューリップに入会しなくても受けることが可能です。気になる方はぜひ申し込んでみてください。

 

https://bridal-tulip.info/omiren.html
 

 

最後に・・・

 

いかがでしたか?私が婚活していたときのお見合いの会話のネタ探しのやり方を紹介しました。

 

また会話のキャッチボールはとても大切で、逆に一方的にしゃべることは百害あって一利なしです。もし自覚があれば気をつけましょうね。

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:婚活ノウハウ 

お見合い講座を無料で受講する

恋愛経験ほぼゼロだった40歳(当時)の管理人がどうやって婚活して結婚できたのか、こちらに書いてます!

上記画像をクリックするとプロフィール紹介記事へ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング
ツイッター

ページの先頭へ