婚活してまで結婚したくない男性の隠された本音と、結婚へのぶっちゃけアドバイス

学校や職場で自然に出会い、お付き合いに発展し、やがて結婚する・・・

 

こうやって自分の生活圏内で自然な出会いからパートナーを見つけるのって、理想ですよね?

 

そういう出会いに憧れるから、世間の「婚活!婚活!」という風潮に対して、

 

「別にそこまでしなくてもいいんじゃない?」

 

とちょっと引いてしまう人は多いと思います。わざわざ婚活してまで結婚したくないって。

 

でも、そんな人ほど独身が長く続き、結婚できない40代になってしまうんです。

 

なぜ、そんなふうになってしまうのか?そして、早く結婚するにはどうしたらいいのかまとめてみました。

 

 

 

「婚活してまで結婚したくない」と言っていいのは若い時だけ!

男性 大人

 

「婚活してまで結婚したくない!」

 

そんなことを言っていられるのは20代の若い時だけです。

 

30歳すぎたらいつまでもそんなことを言っていられなくなります。

 

なぜなら、30歳を超えてから、

 

「恋愛や結婚対象になりそうな異性はいるかな?」

 

と思って自分の周囲を見渡してみたとき、そういう相手がほとんどいなくなっているからです。

 

みんな恋人がいたり、すでに結婚して家庭を持っていたりします。

 

友人に家庭ができれば独身の時のように一緒に遊んだりする時間も減り、独り身をより寂しく感じるようになります。

 

そしてその状況は35歳を超えるとより顕著になります。ましてや40歳になるともう自然な出会いには期待できなくなってきます。

 

体感として30歳を超えたら、40歳まではあっという間です。

 

「まだ大丈夫だよなぁ…」

 

と思って余裕でいたら、気づけば自分の置かれている立場は婚活市場では圧倒的な不利になっているのです。

 

だから、自然な出会いに憧れるのは20代までにしておき、30歳を超えたら積極的に婚活を始めましょう。

 

 

 

婚活してまで結婚したくない男性に訪れる心境の変化とは?

考える男性

 

「婚活してまで結婚したくない」と言っている男性は、まだ結婚に対して本気ではなく、自分からあまりアクションを起こしていない人です。

 

こういう男性でも、40代になると、心から「結婚したい!」と思うようになるのが不思議です。

 

例えば、若い時は独身の友人も多いし、男女が参加するようなBBQや合コンを積極的に開催してくれる友人知人もいて、異性と触れ合う機会もあったでしょう

 

でも、そういう友人知人も結婚すると自分の家庭で忙しくなるので機会も減ってしまいます。

 

そして仕事が忙しくなり、気づけば35歳や40歳になり、独身は自分だけ。

 

「あれ、このままだと出会いがない!?ヤバい、結婚できないかも・・・」

 

と焦り始めます

 

こうした環境の変化がきっかけで、結婚したいと思い始める男性は多いです。

 

 

早く結婚したいなと思い始めると、自分の周囲にいる家庭持ちの友人知人、職場の同僚に気が向くようになります。

 

小さい子供と一緒に遊びを楽しんでいる様子や楽しそうにしてる写真などを見ると、

 

「家族がいるっていいなぁ・・・」

 

と強く思うようになります。

 

これが本格的に結婚したいと思うようになる強い動機になり、ようやく婚活に向けて本腰を入れるようになります。

 

 

 

こういう男性に限って若い女性を希望したがる

若い女性

 

しかし、いざ婚活を始めたとしても、なかなか結婚できないことが多いです。

 

なぜなら「婚活してまで結婚したくない」と言う人は、結婚相手に対して強いこだわりを持っていて、他人からアドバイスを受けても頑として譲らないタイプが多いからです。

 

その最たるものが「女性の年齢」です。

 

子供が欲しい

 

→高齢出産はリスクがある

 

→女性は若い方がいい

 

→20代の女性がいい!

 

→30代女性はムリ!

 

こんな発想です。

 

いや、30代後半女性でも十分子供は産めるんですけどね(うちの奥さんは41歳で出産)。

 

たしかに出産のことを考えて、女性の対象年齢を30代前半までに絞っている男性は多いと思います。私も最初はそうでしたから。

 

でも出産って、女性が若い=安産、と言えるほど単純ではありません

 

不妊の原因は男性側にも50%あると言われていて、男性も年齢が上がると精子の運動能力が落ちたり奇形が多くなるなど精子も劣化します

 

妊活にあたり精液検査して、精子の数が少なくて精神的にショックを受ける男性は案外多いんですよ。

 

(自分は平均以上だったので心から嬉しかったのを覚えています)

 

年を取れば取るほど、自分自身の高齢リスクも上がるということは覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

若い女性を希望したがる男性の隠された本音とは?

質問

 

そもそも、なんで若い女性を希望したがるのでしょうか?

 

恐らくですが、こういう男性は仮に、卵子が健康そのものの40歳の女性と20歳の女性がいたとしても、決して40歳の女性は選ばないような気がします。

 

つまり、口では「出産リスクがー」と言っているけど、本音ではただ単に若い女性が好きなだけでしょう。

 

要は男性がよく言い訳に使う「オスの本能だから」というやつでしょう。

 

 

また、40代になって独身だと周りから

 

「あの人、結婚できなくてかわいそう・・・」

 

と言われがち。

 

実はひそかにプライドが傷つけられていて、なんとかして周りを見返してやりたい気持ちがある。

 

周りを見返すには誰もが羨むような若くて美人な女性と結婚したい!という思いもあるのでしょう。

 

まさに自分のプライドを満たすために若い女性を求めているわけです。こんな男性と結婚したら女性は絶対不幸になりそうですね。

 

 

それに”子供ありき”で結婚して不妊で子供が生まれなかったらどうするんですかね?

 

こういう男性は結婚して子供ができなかったら、自分の母親と一緒に奥さんを「石女」と責めたりしそうですね。自分のことは棚に上げて。

 

子供ありきで相手の条件を絞るよりも、

 

「たとえ子供ができなかったとしても、この人と一緒にいたい」

 

そう思える人を選んだ方がいいですよ。

 

 

 

40代男性と20代女性のマッチングは現実的には難しい

パソコン 男性

 

では、実際に結婚相談所で40代男性が20代女性を希望した場合、どうなるのでしょうか?

 

結論を言うと、自分との年齢差があると婚活はうまく行きません。

 

いくら大手の相談所でも、40代男性が20代女性と結婚するのは現実的にはよほどのハイスペックでもない限り、きわめて難しいでしょう。

 

 

こういう方が分かっていないのは

 

「年齢差は上から見ると小さく感じるが、下から見ると大きく感じる」

 

ということです。

 

 

40代の方から見れば、20代女性との年齢差ってあまり感じないと思います。

 

でも、自分から50代後半女性を見たら、かなり年上に感じてしまうのでは?

 

立場を入れ替えて考えてみてください。

 

例えば、あなたが50代後半の女性から熱心にアプローチされたとして、果たしてお見合いをOKしますか?

 

多少の年上なら良くても、さすがにここまで年齢が離れていると結婚対象には見れませんよね?

 

それと同じです。若い女性から見れば、40代の男性と結婚するメリットって、お金以外あまりない気がします。

 

結婚して子供産んでも、子供が成人する頃には旦那は還暦。ひょっとすると、子育ての時期と義父母の介護の時期が重なるかもしれません。

 

若い女性は子育ての費用を考えると、長く稼ぎ続けられる自分と同年代か少し若い相手を選ぶ傾向があります。

 

つまり、父親は若い方がいい、と考えているんですね。

 

20代女性を希望する40代男性と、自分と同年代を希望する20代女性は、完全にベクトルがすれ違っているので、結婚相談所でもマッチングするのが難しいですよ。

 

 

 

結婚するなら条件はゆるい方が決まりやすい

チェックリスト

 

結婚相手に理想の条件を求めすぎると、誰も引っかからなくて、ずるずると独身が続くのはよくあるパターンです。

 

たとえば上記の20代女性にこだわる男性の場合、こんなパターンが考えられます。

 

(スタート)結婚相談所に入会する

 

→20代女性に何十人もお見合いを申し込む

 

全てからお断りされる

 

→カウンセラー「もっと年齢の上限を上げた方がいい」

 

→「そこだけは譲れない!」と無視

 

→また20代女性に何十人もお見合いを申し込む

 

→1人OKが出る

 

喜んでお見合いに行くが結果うまくいかず

 

→「俺は悪くない。悪いのは相手だ」

 

→カウンセラーの助言を再び無視

 

→出会いアプリに手を出してみる

 

→お金目的の若い女性からOKが出る

 

喜んで会いに行くがうまくいかず

 

→20代女性に何十人もお見合いを申し込む

 

合計で100人以上にお断りされる

 

→「やっぱり20代はムリかな?・・・」

 

→ようやく妥協して希望年齢を上げ始める

 

 

ここまでで1~2年・・・。お金もかかってます。

 

 

ただでさえ40代で高齢なのに、さらに無駄に1~2年費やして、ますます年をとってしまうので非常に時間がもったいないですね。

 

こんな人いないでしょ?と思うかもしれませんが、20代女性を狙う40代50代のチャレンジャーはけっこう多いそうですよ。ホントに。

 

 

 

どうすれば早く結婚できる?「ぶっちゃけアドバイス」とは?

姉さん女房

 

では、どうすれば早く結婚できるのでしょうか?そのためのアドバイスをしますね。

 

 

まず「理想の相手」を求めるのは諦めてください。

 

20代女性は却下。自分と同年代か少し年上までを対象とします。

 

 

そして目的を「結婚すること」にします。そのための最短距離は何かを考えます。

 

40代になったら、理想を追い求めるよりも「結婚すること」を優先して条件をどんどん広げて行く方が結婚は早いです。

 

 

次に、どうしても譲れない条件を3つ以内に絞り、それ以外は全部捨てます。

 

 

年齢層を上に広げて多くの人に会ってみます。

 

最初から順番に会ってみて、その人にマイナス部分がなければ、その時点でその人に決めちゃうのがおすすめです。

 

一人目でマイナスがなければもうその人に決めちゃうんです。

 

 

でもちょっと待ってよ!

 

「もっと多くの人に会えば、もっといい人がいるかもしれない・・・」

 

その気持ちは分かります。

 

でも、それだといつまでたっても決断できません。

 

 

「次はもっといい人かも・・・」

 

と考えて、目の前の相手にすぐ見切りをつけてしまうと、どの交際も長続きしなくなるので良くないんです。

 

本当に相性が合うかどうかなんて、一緒に暮らしてみないとなかなか分かりませんよ。

 

だったら、ぶっちゃけ誰でもいいんです。マイナス部分がなければ。

 

 

たとえ決める時点で「好き」の感情が持てなくても、交際を続けていくうちに恋愛感情はしっかり育っていきます。

 

数ヶ月も付き合えば相手のいいところもたくさん見えてきて、心から「この人と結婚したい」と思えるようになりますよ。

 

 

それに、お見合いで出会うのだって、よほどお互いのタイミングが合わないと難しいことです。出会えたのも運命だと思いましょう。

 

どうです?こんなアドバイス。

 

たぶん理想の人ではないかもしれません。でも、目的が結婚することなら、これが一番ですよ。

 

 

 

 

最後に・・・

 

私も30代のときは友だちが続々と結婚し、結婚への憧れはありましたが、婚活に対してはよく分からないというのがイメージでした。

 

どちらかというと、我が事のように思っていなかったというか。

 

でも40歳になり、さすがに焦り始めて、

 

「今本気で婚活しなかったら、確実に一生独身だ」と思い、婚活を頑張ることにしました。

 

手段として選んだのは結婚相談所でした。そしてその選択は正しかったと思っています。

 

当ブログでは、恋愛経験がないままアラフォーになってしまった男性向けに婚活方法として結婚相談所をおすすめしています。

 

お見合いやデートなど婚活ノウハウも詳しく載せているので是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見合い講座を無料で受講する

恋愛経験ほぼゼロだった40歳(当時)の管理人がどうやって婚活して結婚できたのか、こちらに書いてます!

上記画像をクリックするとプロフィール紹介記事へ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング
ツイッター

ページの先頭へ