楽天オーネットは成婚実績が業界で断トツ!?

成婚実績の比較には注意が必要!?

 

結婚相談所は成婚料や成婚数を公表していますが、単純に比較することはできません。なぜなら業界で共通の指標がなく、「成婚」や「成婚率の算出方法」、「成婚数の意味合い」が各社によって異なるからです。

 

 

成婚の「時点」の定義の違い

 

成婚の「時点」の定義の違い

 

パートナーエージェント 真剣交際を開始した時点

IBJメンバーズ 婚約した時点

楽天オーネット 成婚が決まり退会届を提出した時点

 

タイミング的には楽天オーネットとIBJメンバーズは近いと思われます。一方、パートナーエージェントはタイミングが早すぎですね。

 

 

 

 

成婚数で比較する際の注意ポイントとは?

 

成婚数は厳密に言うと「会員同士の成婚」と「会員以外の相手と成婚」の2つに分けられます。

 

成婚退会のイメージ

 

会社によっては2つを合算した数字を成婚数としている場合もあります。また具体的にどちらなのか公表していない会社も多いです。

 

また会社によっては真剣交際の期間が定められていて、その期間が過ぎると婚約していなくても自動的に成婚退会になり成婚数にカウントされる場合も。つまり、

 

 

相談所によって「成婚退会者」の定義がバラバラ!

 

 

では、楽天オーネットはどうか?

 

なんと会員同士の成婚数と会員以外の相手との成婚数の2つを分けて公表しています。これはなかなかフェアな精神を持っていると判断できます。

 

 

 

会員同士の成婚者数を比較

 

まずは会員同士の成婚退会者の数を比較してみます。代表的な結婚相談所の大手として他にパートナーエージェントとIBJメンバーズを比較対象にします。

 

会員同士の成婚者数を比較

 

楽天オーネット 5,990名(※1)

パートナーエージェント 3,476名(※2)

IBJメンバーズ 非公表(※3)

 

 

※1:2017年1月~12月実績

※2:2016年1月~12月実績

※3:参考値として日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員の2017年の成婚者数は5,708名。ただしIBJメンバーズ単独では会員数も成婚退会者数も非公表。

 

こうしてみると楽天オーネットは一番ですね。

 

 

 

会員同士+会員以外との成婚者数を比較

 

では次に会員同士の成婚退会者数と会員以外との成婚退会者数を合算した数字で比較してみます。

 

会員同士+会員以外との成婚者数を比較

 

楽天オーネット 11,783名(※1)

パートナーエージェント 非公開

IBJメンバーズ 非公表(※2)

 

※1:2017年1月~12月実績

※2:参考値として日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員の2017年の成婚者数は9,375名。ただしIBJメンバーズ単独の会員数や成婚退会者数は非公表。

 

 

まあ、他の会社はそもそも会員以外との成婚退会者の数を公表していないので必然的にこうなりますね。

 

 

 

成婚率の算出方法の違い

 

成婚率の算出方法の違い

 

 

成婚率の算出方法の違いも各社によって異なります。業界共通の方法がありません。

 

1年間の全退会者における成婚退会者の割合を指す場合もあれば、ある時点もしくは年間平均の全会員数における成婚退会者の割合を指す場合もあります。

 

上の図の会社Aと会社Bでは成婚率の意味合いが全く違ってきますよね?おそらく各社とも自社に都合の良い方を採用しているのかと思われますが。

 

楽天オーネットでは、業界で共通の指標がない現状を考慮して、あえて成婚率は公表せず成婚者数を公表することにしています。

 

 

各社の成婚率の算出方法は?

 

よく使われる成婚率で比較してみます。そもそも成婚率も算出方法が非公表だったり各社バラバラなので比較にはなりませんが。

 

 

楽天オーネット 非公表

 

パートナーエージェント 成婚率=年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100

 

IBJメンバーズ 非公表

 

 

パートナーエージェントの算出方法は国勢調査のやり方でやっているとか。だったらこれが正式な算出方法にしてもいいのでは?と思います。

 

 

 

楽天オーネットの成婚率を計算してみた

 

で、楽天オーネットの成婚率は?・・・ということで計算してみました。

 

ちなみに楽天オーネットの2017年の会員数は47,451名です(4月1日時点。自己都合・交際などにより一時的に休会している人数も含む)。

 

パートナーエージェントと同じ算出方法だと

 

5,990名÷47,451名×100=12.6%

 

という数字になります。

 

ちなみにパートナーエージェントは28.6%(2016年度実績)で、IBJメンバーズは51.5%(主要コースの2017年7月~12月の実績)。

 

特にIBJメンバーズは数字が高すぎるので、多分、退会者のうちの成婚退会者の割合で計算しているのでは?と邪推してしまいますが正確には分かりません。

 

 

単純に成婚率の数字だけ見ると楽天オーネットは低いですが、成婚数で比較すると断トツです。この数字を高いと見るか低いと見るかはアナタ次第です♪

 

 

 

 

楽天オーネットでは、婚期を逃しがちな30代の方のための結婚チャンステストを無料で実施しています。2分で終わるので試しにどうぞ♪

 

もちろん、テストを受けたからといって無理やり入会させられたり強引な勧誘はされないので安心してください。暇つぶしに。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

お見合い講座を無料で受講する

恋愛経験ほぼゼロだった40歳(当時)の管理人がどうやって婚活して結婚できたのか、こちらに書いてます!

上記画像をクリックするとプロフィール紹介記事へ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング
ツイッター

ページの先頭へ