ゼクシィ縁結びカウンターのコネクトシップとはどんな仕組み?

ゼクシィ縁結びカウンターは会員なら誰でもコネクトシップ(CONNECT-ship)という会員相互紹介のネットワークを利用できます。コネクトシップの詳細について紹介します。

 

 

なぜコネクトシップに加入?

 

コネクトシップ

 

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターの会員は2017年11月現在、約7,800名です。でも、これだけだとやっぱり会員数が少なくて出会いの可能性も狭められてしまいます。

 

そこで結婚相談所大手のパートナーエージェントが設立したコネクトシップという、他社に所属する会員を相互に紹介し合うシステムにゼクシィ縁結びカウンターも加入しています。

 

このコネクトシップ自体には全体で約6万人の会員がいるそうですが、このうち、パートナーエージェントの会員と、ゼクシィ縁結びカウンターとのマッチングを了承している会社の会員が合計で約14,700名いて、全部で約23,400名の会員と出会うことが可能になっています

 

これくらいの規模だと会員数も多いので出会える確率も相当広がります。ちなみに、ゼクシィ縁結びカウンターに電話して聞いたところ、男女比率は男性4:女性6だそうです。女性が多いなら男性にとってはチャンスですね。

 

 

 

コネクトシップの利用事業者は?

 

コネクトシップの公式サイトに2018年4月現在の利用事業者の一覧が掲載されています。多くの会社が加入しています。ゆくゆくは日本で一番多くのお見合いを生み出すプラットフォームを目指しているそうです。

 

コネクトシップの利用事業者

 

 

NOZZEとパートナーエージェント、ゼクシィ縁結びカウンターなどは会員数も多そうです。日本仲人連盟や日本結婚相談協会は一部の相談所のみ加入していますね。

 

 

 

コネクトシップのシステムとは?

 

コネクトシップで採用されているシステムは、各社のサービスによって自由に機能を選択できるようになっています。

 

搭載されている機能としては

 

自薦式(会員が自分で検索して探す)

他薦式(システムが自動的にマッチングする)

他薦式(担当者が手作業で相手を探す)

 

の3つがあり、これらのうち1つでも、複数を組み合わせてもOKです。特にマッチングについては独自のロジックを採用しており、お見合いの成立率も上昇します。

 

 

 

その他の機能として、

 

・担当者にとって負担の高いお見合い日程の自動調整機能

・ブックマーク機能

・紹介予約機能

・交際をサポートする交際管理機能

・交際温度の登録機能

・活動状況がひと目で分かるフィードバックシート

・作業の抜けを防ぐタスク・アラート機能

 

など、特に相談所の担当者にとってはありがたい機能が満載しているようです。

 

そして、これが一番重要なことですが、もちろん、

 

顔写真が見れます!

 

楽天オーネットのように個人情報の保護の観点から通常は顔写真が掲載されていないようなシステムもあります。でも、顔写真がないとやっぱりピンと来ませんよね?

 

 

 

最後に・・・

 

コネクトシップは運営の透明化を図るために数値をできるかぎり公開しています。

 

コネクトシップの実績ですが、2015年5月から2016年9月までの16ヶ月間でお見合い実施数は約2万件に到達。さらに交際成立数も7,200件を突破しています。

 

もっと多くの婚活事業者が加入することで将来的には確実に日本一の相互紹介のプラットフォームになるかもしれませんね。

 

 

 

気軽に無料相談できます♪

 

楽天オーネット アドバイザー

 

ゼクシィ縁結びカウンターでは気軽に婚活相談ができます。自分の生活スタイルやニーズに合わせた婚活方法についてアドバイスが無料で受けられます。

 

今の婚活方法でいいのか迷っている人、結婚相談所に入ることに抵抗がある人、他の結婚相談所や結婚情報サービスなどと比較検討したい人におすすめです。

 

もちろん入会を強く勧められることもありません。そこは天下のリクルートグループなので信用してください。大企業がそんなことやったらマズいので。

 

事前予約が必要なので下記をクリックしてお近くの店舗を選択して申し込んでください♪

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ゼクシィ縁結びカウンター

お見合い講座を無料で受講する

恋愛経験ほぼゼロだった40歳(当時)の管理人がどうやって婚活して結婚できたのか、こちらに書いてます!

上記画像をクリックするとプロフィール紹介記事へ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング
ツイッター

ページの先頭へ