ノッツエの料金コスパは妥当?それとも高すぎる?

料金の計算

結婚相談所ノッツエの料金プランについて詳しく解説します。また料金のコスパが適性なのかどうかも紹介します。

 

ノッツエには料金プランがたくさんありますが、30代後半男性向けで関係があるのは

 

  • ベーシックコース
  • お見合いアシストコース
  • 他社から乗り換えコース

 

この3つでしょうか。女性向けでは以下の2つの女性限定プランがあります。

 

・20代女性のための限定プラン

・シングルマザー限定プラン

 

他にも友だちと二人で入会すると入会金から2万円割引になるペア割などがあります。またDNAマッチングコースは専用の料金プランがあります。

 

 

3つのプランの比較表

 

では、ベーシック、お見合いアシスト、他社から乗り換えの3つのコースについて紹介します。まずは3つのプランの比較表からご覧ください。

 

※他社から乗り換えはベーシックコースが対象になります。

 

 

 

項目 ベーシック お見合いアシスト 乗り換え
入会金 32,400円 32,400円 0円
活動初期費用 51,300円 51,300円 0円
月会費と毎月の
申込み人数制限
2名 4,500円
5名 9,720円
10名 14,580円
3名 21,060円 2名 4,860円
オプション
会員情報提供料
84,240円 0円 84,240円
お見合い料 0円 1回10,800円 0円
成婚料 0円 108,000円 0円
専任カウンセラー なし あり なし
お相手紹介 なし 毎月3~5名 なし

 

 

 

注意点

 

1.毎月のお申込み人数の制限以上に申込みたい場合はオプションで可能

 

2.オプション会員情報提供料は自分が入会する以前の既存会員のデータ。通常は自分が入会して以降の新規会員のデータしか閲覧できない。

 

3.交際の申込みをする際にお互いのプライベートアドレスを公開しない状態でメールのやりとりができる「出逢Eメール」は有料になる。

 

4.お見合いパーティーの代金は含まれていません。参加費は有料です。

 

5.会員同士で結婚した場合は、期間が残っていても返金はされません。(ノッツエ曰く、「おめでたいんだから返金しなくてもいいでしょ」という感じらしい)

 

6.若くてキレイな女性や高所得な男性はノッツエ側もどうしても入会してほしいらしく、担当者の裁量で入会金が安くなることもあるという口コミ情報あり。

 

 

 

 

 

1.ベーシックコース

 

ノッツエのコースの中でも一番柔軟性が高いコースで、毎月の申込み人数が2名、5名、10名の3つから選ぶことができます。自分のペースに合わせて月会費が変わります。

 

既存会員の情報が見たい場合はオプションで84,240円払う必要があります。払わない場合は自分が入会して以降の会員データしか見られないので注意。

 

成婚料はありません。となると入会後は担当者から放置されるので、担当者からのサポートが欲しい方には向いていません。自分のペースで活動したい方向きです。

 

 

 

2.お見合いアシストコース

 

婚活カウンセラーが専任でつくコースです。ベーシックコースとの一番の違いはカウンセラーからお見合い相手を毎月3~5名紹介してもらえることです。その代わり、自分が申し込む人数は毎月3名までになっています。

 

また月会費が21,060円と高く、さらにお見合いするたびにお見合い料が10,800円発生し、さらに結婚した場合は成婚料が108,000円かかります。

 

成功報酬タイプのプランなので担当者のサポートが期待できるかと思いきや、「紹介してもらえると思ったら紹介してくれなかった」「入会までは熱心だが、入会したら放置された」という口コミも多いです。

 

 

 

 

以下はヤフー知恵袋でノッツエの料金についての質問に対する回答の口コミです。

 

 

 

活動期間1年間、登録費・初期費用の80,000円、月会費の13,500円×12ヵ月分が最低でも必要な費用です。

 

それらを合計した金額を初めに提示してきます。

それを分割で支払うか、一括で支払うか…という選択になります。

 

その他の費用として、出逢いEメール代(直接アドレス交換が嫌な時にノッツェのシステムを介してメールする)、既存会員の情報を見たい場合はその費用、申し込み人数代(月10名まで申し込めますが、それ以上に申し込みたい場合必要な場合がある)、パーティー参加費用、などがあります。

 

成婚料はありませんが、会員同士で成婚した場合は会員期間が残っていても返金はありません。

 

会員外で成婚した場合は返金される場合があります。

じつは会員同士の成婚なのに会員外で成婚したと報告した場合は規定の罰則金があります。(実際にあります)

 

会員に登録した後はアドバイザーは基本あまり連絡をしてきません。

自分で積極的に検索、申し込み、お見合いしていかなければなりませんので、紹介してほしい、お世話をしてほしいという場合はこのシステムは向いていないかもしれません。

 

オーネットやツヴァイやサンマリエなども同じようなシステム・費用です。

まずは、気になる相談所に行って、説明してくれる担当者や会社の雰囲気やシステムなどをご自分の目で確認された方が良いと思います。

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1271141837

 

 

 

 

 

 

3.他社から乗り換え

 

他社からの乗り換えを誘うために、入会金と活動初期費用が無料になります。ベーシックコースが対象で、実質、83,700円が節約できます。

 

ただし、毎月申し込める人数が2名までになっており、それ以上申込みしたい場合は有料のオプションになります。

 

お申込みには他社の契約書かそれに相当する書類が必要になります。

 

 

 

 

1年間活動したときにかかる費用は?

 

ベーシックコースとお見合いアシストコースで1年間活動し、結婚した場合にかかる費用を計算してみました。

 

まずはベーシックコースから。毎月の申込み人数は10名にします。オプション会員情報提供料もつけて。

 

 

入会金32,400円+活動初期費用51,300円+月会費14,580円×12ヶ月+オプション会員情報提供料84,240円=342,900円

 

 

ベーシックコース:342,900円

 

 

 

次にお見合いアシストコース。1年間で20回お見合いしたとすると、

 

 

入会金32,400円+活動初期費用51,300円+月会費21,060×12ヶ月+お見合い料10,800円×20回+成婚料108,000円=660,420円

 

 

お見合いアシストコース:660,420円

 

 

 

実際はこれに出逢Eメール代やお見合いパーティー参加費、支社やお見合い場所までの交通費、プロフィール写真の撮り直し費用5,000円など追加費用はいろいろ発生します。

 

 

 

で、結局、ノッツエの料金は高いのか安いのか?

 

ベーシックについては妥当な料金だと思います。

 

しかしお見合いアシストコースについては正直、高すぎます。それに見合うほど担当者がサポートしてくれると思えません。

 

成婚料はいいけど、お見合い料で1回につき1万円も費用がかかるのはどう考えても取りすぎでしょう。

 

 

 

 

最後に・・・

 

データマッチング型の結婚相談所はマッチングで自分で相手を見つけるのがメインで、その代わり成婚料がなかったり料金は比較的リーズナブルなところが多いです。

 

結婚相談所の大手では楽天オーネット、ツヴァイ、サンマリエ、ノッツエなどが該当します。これらはシステムも費用もよく似ています。

 

自分で主体的に活動できる方には、ある意味マイペースで活動できてメリットもあるのですが、担当者にいろいろ相談したりサポートしてもらいたい方には逆に不向きです。

 

婚活はファッションなども含めてけっこうお金がかかるものなので、自分のお財布事情をよく考えた上で自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

 

 

 

ちなみに当サイトの対象としている彼女いない歴=年齢の30代後半男性には正直、ノッツエで婚活するにはハードルが高いように思います。

 

ノッツエで成婚できるのは過去に出会い系で女性と会ったことがあるような、ある程度、出会いスキルに長けた、そこそこスペックの高い男性でしょう。そういう方であればノッツエを利用しての婚活も結婚できる可能性は十分ありえます。

 

ノッツエの場合、無料パートナー紹介があり、1.相手の希望を入力、2.相手のプロフィールが郵送される、3.気になる相手をノッツエへ連絡、4.入会後にお相手を紹介、という流れで交際になります。

 

ただし、ノッツエの担当者には入会ノルマがあるようで、連絡先を教えるとうざいくらいに強引な勧誘をされます。なので、入会する気のない方は無料パートナー紹介はやめておきましょう。入会する気のある方のみ申し込んでみてください。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】

 

 

 

ノッツエ以外の結婚相談所もチェックしたい!という方にぴったりなのが一括資料請求です。お住まいの住所から判断して利用可能な相談所のみが表示されるようになっています。この機会にぜひどうぞ♪

 

  • カンタン1分!最大10社をまずは一括資料請求へ!

 

結婚相談所を知りたい方も入会したい方も安心の無料です♪

 

 

ズバット結婚相談所サービス比較

 

 

 

1分で入力完了します♪

無料で出来る資料請求はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
結婚サービス比較.com

 

 

タグ: 

カテゴリ:ノッツェ 

ツヴァイの料金プランと1年間活動したときにかかる費用について

料金

イオングループの結婚相談所ツヴァイの料金プランの詳細や、1年間活動したときにかかる費用について調べてみました。

 

 

ツヴァイの料金プランは?

 

ツヴァイの料金プラン

 

ツヴァイの料金プランは一部の割引(20代割、のりかえ割)を除けば通常プランは以下の3つです。

 

1.パーソナルサポートプランアクティブ

 

2.パーソナルサポートプラン

 

3.エリア限定パーソナルサポートプラン

 

 

1のパーソナルサポートプランアクティブは、ツヴァイのサポートや紹介があれば後は自分でお見合いやデートの申込みもできる積極的なタイプ向け。

 

2のパーソナルサポートプランはツヴァイのサポートをフルに活用してじっくりと婚活に取り組みたい方向け。

 

3のエリア限定は旭川、盛岡、山形、甲府、長野、松本、富山、金沢、松山、大分、長崎、熊本、鹿児島、サテライト店舗のみの限定プランです。サポート内容は1と同様ですが、料金はより安くなっています。

 

 

 

ツヴァイの料金体系はどうなっている?

 

ツヴァイの料金体系はどうなっている?

 

 

ツヴァイの通常プランの料金体系は「入会初期費用」と「月会費」の2つだけです。成婚料はありません。

 

入会初期費用の内訳は「登録料」「情報選択料」「活動サポート費」の3つで、このうち登録料は30,000円(税込 32,400円)、情報選択料は50,000円(税込 54,000円)で固定されています

 

パーソナルサポートプランアクティブとパーソナルサポートプランの月会費は1年間に紹介する人数によって金額が変わってきます。

 

年間紹介人数 月会費
12名以上 9,500円
(税込 10,260円)
24名以上 9,900円
(税込 10,692円)
36名以上 12,600円
(税込 13,608円)
48名以上 13,000円
(税込 14,040円)
60名以上 13,400円
(税込 14,472円)
72名以上 13,800円
(税込 14,904円)

 

 

1年間に12名だと毎月1回ということで、少なすぎて婚活もうまく行かないと思います。入会時ではこの先どうなるか分からないので自分だったら72名以上にして最初からガンガン行くと思います。

 

 

パーソナルサポートプランアクティブの料金

 

パーソナルサポートプランアクティブの料金

 

 

 

パーソナルサポートプランの料金

 

パーソナルサポートプランの料金

 

 

 

エリア限定パーソナルサポートプランの料金

 

エリア限定パーソナルサポートプランの料金

 

 

 

 

パーソナルサポートプランで1年間活動したときの費用は?

 

30代後半男性がもしツヴァイで婚活するなら、サポートをフル活用できるパーソナルサポートプランがおすすめです。年間紹介人数も72名以上にします。

 

もしパーソナルサポートプランで1年間活動して成婚した場合にかかる費用を計算してみました。金額は税込金額です。

 

 

入会初期費用156,600円+月会費14,904円×12ヶ月=335,448円

 

 

実際はパーティーに参加したり、支店へ何度も通う交通費を含めれば40万円くらいはかかるでしょう。そう考えると、ツヴァイの費用は高すぎず安すぎず、わりと平均的な費用なのかもしれません。

 

 

最後に・・・

 

ツヴァイの料金プランはいかがでしょうか?成婚料がないだけに、入会したら放置される恐れはありますが、サポートに積極的に相談に乗ってもらい、元をとるつもりで婚活を頑張れば十分価値に見合う金額だと思います。

 

 

ツヴァイについてもう少し詳しく知りたい方は資料請求してみてください。資料請求したからといって強引な勧誘はないので安心してください。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 結婚仲介所

タグ: 

カテゴリ:ツヴァイ 

結婚相談所フィオーレの料金プランは?

結婚相談所フィオーレの料金プランは?

結婚相談所フィオーレの料金プランは?

 

京阪神に特化した結婚相談所フィオーレの料金プランについて紹介します。

 

 

フィオーレの料金体系は?

 

フィオーレの料金体系はシンプルコースとメソッドコースで費用の項目が異なります。

 

シンプルコースの料金体系

 

シンプルコースの料金体系は

 

入会初期費用+活動費+成婚料100,000円(税抜)

 

この3つで構成されています。成婚料は成婚退会の成立費として10万円(税抜)払います。

 

 

入会初期費用については最初の入会審査、会員登録、会員検索システム利用に関する費用です。

 

活動費はお見合い調整や活動・交際管理、そして会員検索システムの利用に要する費用です。

 

 

メソッドコースの料金体系

 

メソッドコースの料金体系は

 

入会登録費+セレクト費+活動サポート費+管理費+セッティング費(※)+成立費(※)

 

(※フレキシブルプランのみ)

 

入会登録費は入会審査、会員登録に要する費用です。

 

セレクト費は会員検索システムの利用や、お見合いセッティング特約に要する費用です。

 

活動サポート費は定期紹介、お見合い調整、サポートメッソド等に要する費用です。

 

管理費は会員システム内のメンバーズマガジン更新、データ・システムの維持管理に要する月額費用です。

 

セッティング費(フレキシブルプランのみ)はお見合い調整の都度に要する費用です。

 

成立費(フレキシブルプランのみ)はフィオーレのサービスを利用して、成婚退会する際に払う費用です。

 

 

 

シンプルコースとメソッドコースを比較

 

フィオーレの料金プランは2つです。初期費用を抑えたシンプルコースと、ガッツリサポートを受けるメソッドコースです。

 

メソッドコースはさらに4つのプランに分かれます。それぞれの特徴を比較するため、表にしてみました。

 

 

 

比較項目 シンプルコース メソッドコース
入会初期費用 60,000円 プランによる
活動費 7,000円 プランによる
成婚料 100,000円 プランによる
お見合い申込み 毎月5名まで 無制限
担当からの紹介 毎月2名まで 毎月2名まで
定期コンタクト なし 毎月1回
活動レポート なし 3ヶ月に3回
お見合い
セッティング特約
なし 6ヶ月で最低6回

 

お見合いの申込みの数がメソッドコースになると原則として無制限になります。ただし2名以上交際中の方はストップがかかることも。

 

 

 

メソッドコースの4つの料金プラン

 

 

比較項目 ショート スタンダード プレミアム フレキシブル
入会費用 210,000円 210,000円 258,000円 120,000円
活動サポート費 72,000円 144,000円 144,000円 7,000円(月々)
成立費 0円 0円 0円 200,000円
セッティング費 0円 0円 0円 10,000円(都度)
管理費(月々) 4,000円 4,000円 4,000円 なし
会員活動
権利期間
12ヶ月 21ヶ月 24ヶ月 24ヶ月

 

 

フレキシブルだけ料金体系がガラッと変わるので、フィオーレに電話して「このコースはどんな人向けなのか?」と聞いてみたところ、成婚するかどうか不安な方向けのプランだということです。

 

ショートからプレミアムまではお見合い料が入会費用の中に含まれているのですが、フレキシブルはその都度費用が発生します。その代わりフレキシブルは入会費用が安いです。

 

フレキシブルは唯一、成婚料が発生するので、成功報酬がある方が担当者も熱心にやってくれるはず、と考える方はこのコースを選ぶのかもしれません。

 

 

 

最後に・・・

 

フィオーレの料金プランは「自分で動きたいシンプルコース」と「サポートしてほしいメソッドコース」に大きく分かれ、メソッドコースもサポート期間や内容により「ショート、スタンダード、プレミアム」と「フレキシブル」に分かれます

 

ただし、仮にフレキシブルコースで1年間に20回お見合いしたとすると、それだけで20万円かかってしまうので、お見合い料がその都度かかるのは意外に割高かもしれません。

 

もし私が入会するなら、断然メソッドコースですが、その中でどれにするかというと、ショート~プレミアムまではサポート内容は差がないので12ヶ月で結婚する目標を立ててショートで頑張るかも。

 

 

もっと詳しいことは資料請求してみるといいですよ。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 

 

タグ: 

カテゴリ:フィオーレ 

成婚料ゼロ!ゼクシィ縁結びカウンターは料金が超安い!

お金

ゼクシィ縁結びカウンターは他社と比べて断トツに料金が安いのが特徴です。お見合い料や成婚料がゼロな理由など料金プランについて調べました。

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターの料金体系とは?

 

お金

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターは他社と比べて圧倒的にリーズナブルです。その理由が

 

 

初期費用・お見合い料・成婚料がゼロ円だから!

 

 

かかる費用は入会金3万円月会費(9,000円~23,000円)だけ。あとはオプションのパーティーやイベントの参加費用のみです。

 

正直に言うと、「成婚料もなしでどこで儲けるの?」と思います。

 

だって、この事業を続けるにはシステムの運営費や広告宣伝費、コーディネーターたちの人件費だってかかります。この金額できちんとペイできているのか?と心配になるくらいリーズナブルです。

 

でも、料金が低いことで敷居が低くなり、結婚相談所の利用にためらっていた人たちも入会しやすくなるメリットがあります。利用者にとってはありがたいことですね。

 

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターの料金プランとは?

 

お金

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターには3つの料金プランがあります。それぞれ各プランにおすすめの人も挙げておきます。

 

・シンプルプラン

 

自分でガンガン行けるから困った時だけ助けてほしい人

気軽に婚活したいけど、相談相手も欲しい人

自分の時間も大切にしたいから時間を効率的に活動したい人

 

・スタンダードプラン

 

自分ではよく分からないから婚活のプロに相談したい人

知らないことが多いので手取り足取りサポートしてほしい人

 

・プレミアプラン

 

忙しく時間がないけど早く結婚したい人

納得行くまでじっくりと相手探しをしたい人

 

 

以下、各プランの比較表です。

 

ゼクシィ縁結びカウンターの料金プラン

 

 

自分で検索できるのは各プランとも共通ですが、紹介できる人数が違ったり、定期面談の頻度が違ったり、ファーストコンタクト成立保証があるかないかが違います。

 

自分がどんなスタイルで婚活したいのかによってプランを選ぶといいでしょうね。

 

 

 

オプションの定期面談とは?

 

面談

 

 

上記の比較表を見て疑問に思いませんでしたか?

 

「定期面談のオプションって何?いくら?」

 

 

そこでゼクシィ縁結びカウンターに電話して聞いてみました。するとシンプルプランの定期面談のオプションとは

 

 

・料金は1時間につき3000円(税抜)

 

・時間の制限はなし。いくらでも相談できる

 

・いつでも相談できる

 

 

しかも、このオプションはシンプルプランに限定されたものではなく、スタンダードプラン、プレミアプランでも随時OKだそうです。

 

スタンダードプランの場合、3ヶ月に1回の定期面談が保証されてますが、人によってはもっと頻繁に定期面談で相談したいという方もいますよね。そういう方にはこのオプションを有効利用すれば婚活もうまく進めそうですね。

 

 

 

休会制度について

 

ゼクシィ縁結びカウンターには休会制度があります。休会制度とは業界では一般的に真剣交際がうまく行っているときや仕事が忙しいときに休会できる制度のことを指します。ゼクシィ縁結びカウンターの場合、

 

 

休会期間や取得回数に制限はありません。

 

 

婚活は長丁場になりますから、仕事が忙しくて中断したい時だってあるし、休会できるなら少しでもお金を節約したいでしょう。

 

そんな時にこの休会制度を活用すればOKなんです。で、気になるのが休会期間中の料金。

 

 

月会費が1000円(税抜)!

 

 

安いですね。もちろん休会期間中はお相手検索や紹介などサービス全般が利用できなくなります。

 

ただし、一つ注意があります。ゼクシィ縁結びカウンターの場合、

 

 

真剣交際が理由で休会することはできません。

 

 

以下、休会できない事例です。

 

・ファーストコンタクトを申し込み中

・お見合いが成立してまだ会っていないファーストコンタクトがある

・トライアルデート期間中

・交際期間中

 

 

 

返金保証について

 

お金

 

結婚相談所の業界では返金保証がある会社もあります。その場合、入会時の活動初期費用や登録料などが返金の対象になります。

 

では、ゼクシィ縁結びカウンターはどうか?残念ながら返金保証はありません。というか、初期費用も登録料もないから返してもらうお金がそもそもありません。

 

ただし、クーリングオフ制度はあります。契約日より8日以内なら契約の無条件解約ができます。その場合は費用は全額返金されます。

 

 

 

最後に・・・

 

いかがでしょうか?ゼクシィ縁結びカウンターはとにかく料金が安くてリーズナブルなのが特徴です。結婚相談所に入会してみたいけど、お金が高くて抵抗がある、という方には敷居の低いゼクシィ縁結びカウンターはぴったりかもしれません。

 

結婚相談所への入会を検討していて他社と比較している方にはおすすめできる相談所ですよ。

 

 

 

気軽に無料相談できます♪

 

楽天オーネット アドバイザー

 

ゼクシィ縁結びカウンターでは気軽に婚活相談ができます。自分の生活スタイルやニーズに合わせた婚活方法についてアドバイスが無料で受けられます。

 

今の婚活方法でいいのか迷っている人、結婚相談所に入ることに抵抗がある人、他の結婚相談所や結婚情報サービスなどと比較検討したい人におすすめです。

 

もちろん入会を強く勧められることもありません。そこは天下のリクルートグループなので信用してください。大企業がそんなことやったらマズいので。

 

無料相談に訪れる人は「ちょっとだけ話を聞いてみたい」程度の方がほとんどです。みなさん軽い気持ちで気楽に来る方ばかりなので安心してください。

 

事前予約が必要なので下記をクリックしてお近くの店舗を選択して申し込んでください♪

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ゼクシィ縁結びカウンター
 

意外と安い!?楽天オーネットの料金とコースは?

結婚

楽天オーネットの料金はどのくらいか?またどんなコースがあるのか調べてみました。成婚料がゼロと、意外に安いのですが、果たして料金は妥当なのでしょうか?

 

 

楽天オーネットのコースについて

 

楽天オーネットの公式サイトをくまなく見たのですが、基本的なプランとしては「プレミアムプラン」があります。

 

そして他にも「20代女子向け婚活プラン」、「子育てママ応援プラン」「乗り換えリフレッシュプラン」「法人提携プラン」があります。

 

30代男性が対象になるのはプレミアムプラン以外では乗り換えリフレッシュプランが該当します。

 

こちらは他社の結婚情報サービス提供会社でうまく行っていない方が対象で、入会すると最大3万円相当の楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

 

また男性50歳、女性45歳以上が対象の、中高年専門の結婚相談所の楽天オーネットスーペリアもあります。

 

この記事ではおそらくほとんどの方が入会するであろうプレミアムプランの料金について説明します。

 

 

 

 

プレミアムプランの料金体系について

 

プレミアムプランの料金体系

 

 

入会金(前払い)30,000円(税抜)

活動初期費用(前払い)76,000円(税抜)

月会費(毎月払い)13,900円(税抜)

 

そして・・・成婚料は0円です!

 

活動初期費用には以下の3つの内容が含まれます。

 

・楽天グループの提携フォトスタジオでプロによるプロフィール写真撮影

・写真検索(オーネットパス)へのデータ登録

・会員誌とWEBにプロフィールを3ヶ月掲載

 

プロフィール画面 楽天オーネット

 

 

なお、楽天オーネットには「休止制度」があります。

 

真剣交際のお相手との交際に専念する場合、活動を休止することが可能です。その期間は月会費が500円(税抜)になります(会員期間1年間につき最大12ヶ月まで)。

 

 

 

楽天オーネットの返金制度は?

 

結婚相談所は費用が高いだけにあると安心なのが返金制度。楽天オーネットの場合は

 

「活動開始から2カ月目以内の退会の場合は、活動初期費用分から返金がある場合がある」

 

と記載されています。

 

プロフィールの3ヶ月掲載は入会後2~3ヶ月経過してから始まるので、もし入会2ヶ月以内の場合はまだ掲載されていない可能性があります。その場合は未提供分の費用が返金されるということでしょう。

 

 

最後に・・・

 

楽天オーネットは業界では珍しく成婚料がゼロ円です。それどころか、会員同士で成婚した場合はお祝いが何かあり、また楽天グループの優待サービスがいろいろ受けられるメリットがあります。

 

結婚相談所業界で成婚料が高いのは「結果を出したらお金を頂く」という結果重視の姿勢の現れであり、そのために相談所は全力で会員の成婚を支援します。

 

楽天オーネットのように成婚料ゼロ円ということは、「じゃんじゃん入会させて儲けるけど結果に責任を持たない」と思われがちですが、現状では断トツの成婚数を叩き出しているので、問題はなさそうです。料金も妥当と言っていいでしょう。

 

 

 

無料体験もどうぞ♪

 

楽天オーネットで無料体験ができます。事前にもし自分が入会したら、現在の会員とのマッチング人数はどうなるのか、また相手のプロフィールも無料で確認できます。

 

自分がどんな人と出会えるのか可能性が分かるので入会を検討しやすくなります。ついでにあなた専用の婚活相談もできるので気軽に受けてみるといいですよ♪

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

IBJメンバーズのコースと料金について

IBJメンバーズのコースと料金について分かりやすく比較しながら違いについて詳しく紹介します。

 

 

IBJメンバーズの料金体系について

 

IBJメンバーズの料金体系は基本的にどのコースも「初期費用」+「月会費」+「成婚料」で構成されています。

 

 

IBJメンバーズの料金体系について

 

 

このうち、月会費は15,000円(税抜)、成婚料は200,000円(税抜)で固定されています。違いがあるのは初期費用です。

 

初期費用は「登録料」と「活動サポート費」で構成されており、このうち登録料はどのコースも3万円(税抜)で固定されています。コースによってサポート内容に違いがあるため、活動サポート費が異なります。

 

 

 

 

IBJメンバーズのコースの種類について

 

IBJメンバーズのコースのメインは4つ、それ以外にハイスペックな男性限定のエグゼクティブプラン、20代のためのU-29プランがあります。

 

メインの4つは以下の通り。初期費用の料金に違いがあります

 

 

IBJメンバーズのコースの種類について

 

 

 

IBJメンバーズのコースの料金・サポート内容を比較!

 

IBJメンバーズの各コース(メインの4つ)の料金やサポート内容を表で比較してみました。

 

IBJメンバーズのコースの料金・サポート内容を比較!

 

 

各コースに共通するのはお見合いは無料なこと。またパーティーは年間2回(プライムコースは年4回)まで無料なこと。あとはコースによって違いがあります。

 

 

 

エグゼクティブプランとU-29プラン

 

エグゼクティブプランとU-29プランは入会資格があります。

 

エグゼクティブプランはその名のとおり、年収や職業などがハイスペックな男性限定のプランです。具体的な入会資格は

 

30~44歳くらいの男性限定
年収600万円以上 or 上場企業勤務 or 公務員
(※西日本エリアの方は年収500万円以上)

 

ハイスペックだから女性からのお見合いの申込みが殺到するし、「選べる立場」で効率的に婚活が進められます。だから料金も少し安くなっています。IBJの成婚率アップに貢献してくれるので優遇されています。

 

 

次にU-29プランですが、これは女性限定のプランです。入会資格はズバリ、

 

29歳以下の女性であること

 

 

女性は若いとお見合いも殺到しますからね。特に20代女性は引く手あまたです。だからなのか成婚もしやすいし、料金も安くなっています。若いって得ですね、婚活では。

 

 

エグゼクティブプランとU-29プラン

 

 

 

 

 

どのコースがおすすめ?

 

「で、どのコースが一番いいの?」

 

 

と思うかもしれませんが、30代後半の奥手男性には料金は高いけどプライムコースがおすすめです。理由は

 

毎月、専任カウンセラーと面談できるから。

 

 

お見合いやデートの翌日に女性から断られた時には理由をフィードバックしてもらって、改善点があれば改善しフィードバックしてもらうことが大切です。

 

いわゆるPDCAサイクルです。結果を受けてチェックし、改善点を見つけて、活動を再設計し、仮説を立てて再びお見合いやデートに挑む。この流れが大事です。

 

もちろん電話やメールでもサポートしてもらえるけど、やっぱり月に1度は直接会ってカウンセリングしてもらえると心強いですよね。ちょっとしたアドバイスで結果が変わってくることもありますから。

 

婚活で後悔したくないなら高いけどプライムコースがおすすめですよ。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 

タグ: 

カテゴリ:IBJメンバーズ 

高いのか安いのか?パートナーエージェントの料金とコースとは?

パートナーエージェントのコースはたった2つ

結婚相談所大手で、業界でもリーディングカンパニーと言われるパートナーエージェントですから、当然、費用やコースがどうなのか気になるところでしょう。

 

意外と思われるかもしれませんが、パートナーエージェントにはコースは2つしかありません。

 

・コンシェルジュコース

・イベントコース

 

 

この2つです。

 

 

イベントコースというのはコンシェルジュがついていなくて、パーティーなどのイベントだけに参加できるコースです。

 

コンシェルジュからの紹介がない分、パーティーで頑張らないといけませんが、サポートがない分、費用も安くつきます。

 

女性に話しかけて盛り上げるのが上手で、イベントだけ参加できれば後は自分で頑張れるという方には最適なコースです。

 

 

 

ただし、パートナーエージェントの売りは「質の高いコンシェルジュ」であり、当然、ほとんどの方はコンシェルジュコースに入会します。

 

というか、このブログを読んでくれている奥手な男性にはコンシェルジュのサポートは必須なので、当然、こちらを中心に解説しますね。

 

 

 

コンシェルジュコースの料金の内訳

 

まずはパートナーエージェントのHPよりコンシェルジュコースの料金の内訳を抜粋します。

 

パートナーエージェント コンシェルジュコース 料金

 

 

初期費用95,000円(税込価格102,600円)

 

この初期費用とは専任コンシェルジュを選定し、最初の婚活プランの設計、そして会員情報サイト内に専用ページを開設し、情報を登録、コンシェルジュからのコメントを作成、などにかかるお金です。

 

 

 

登録料 30,000円(税込価格32,400円)

 

入会手続きにかかるお金です。というか、たかが入会手続きにそんなにお金かかるのか疑問です。パソコンで入力すれば3分で終わるような作業だと思うのですが。

 

むしろ、会員情報サイト内に専用ページを開設して情報を登録するのは、この登録料に含める方が自然です。私はてっきりこっちだと思ってました。

 

 

 

月会費 16,000円(税込価格17,280円)

 

サービスの提供、そして会員権利の担保にかかるお金とされます。一般的な相場は1万円くらいだと思うのでやや高い印象を受けますが内容を考えると妥当かもしれません。

 

日々のお見合いやその後の交際まで、コンシェルジュからの手厚いサポートがつくだけでなく、コンシェルジュからのパートナー紹介や会員情報誌の作成にかかるお金などでしょう。

 

ちなみにこの月会費は前払いを採用している相談所が多いのですが、パートナーエージェントの場合は完全に後払いで決済するシステムになっています。

 

 

成婚料 50,000円(税込価格54,000円)

 

成婚退会が決まったときに相談所に払うお金。一般的な相場は20~30万円くらいだけに、パートナーエージェントはかなり安い印象を受けます

 

 

 

コンシェルジュコースに入会するとコンシェルジュから毎月2名以上のパートナーの紹介を受けられます。

 

月の平均紹介実績は7.5名

 

(※2016年4月~2017年3月の実績)なので人数的には十分でしょう。むしろ多すぎても処理できず困ります。

 

 

 

お見合いや交際が始まるといろいろ不安や悩みが生まれます。そういう時に1人で何とかするのではなく、いつでも相談できる存在がいるのは心強いものです。

 

特に女性のコンシェルジュの場合、女性の観点から鋭い指摘をしてくれるので、分かりづらい女性の気持ちを理解する手助けになります。

 

何だったらお見合いに行くときの服装でコンシェルジュに会い、ファッションチェックしてもらうのはアリではないでしょうか?

 

 

 

 

1年間活動して成婚退会した場合の費用合計は?

 

入会して1年間活動して無事に結婚相手を見つけて成婚退会できた場合にかかる料金の合計金額はどのくらいになるのか、勝手にシミュレーションしてみました。

 

 

初期費用102,600+登録料32,400+月会費17,280×12ヶ月+成婚料54,000=396,360円

 

 

つまり約40万円です。

 

 

 

実際はこれに加えて、お見合いの度に、お見合い場所までの交通費+食事代、お見合いやデートのために購入する洋服代(特に私服!)、デートにかかるお金、などがかかりますが。

 

実際に結婚相談所に入会して結婚できた私からすると、パートナーエージェントの約40万円という金額は「妥当」だと思います。高いか安いかで言うと十分、料金に値する金額ですよ。

 

 

 

 

イベントコースの料金の内訳

 

パートナーエージェント イベントコースの料金

 

 

登録料と成婚料はコンシェルジュコースと同じですが、コンシェルジュのサポートがない分、初期費用と月会費は少なめです。

 

そしてもちろんですが、お見合いパーティーなどのイベントの参加費はタダではありません。そこは忘れないようにしましょう。

 

ちなみにイベントの開催の都合上、このイベントコースに入会できるのは東京都内か関東エリアの方に限定されます。それ以外の地域の方は入会できません。

 

またサービス内容として

 

大規模スタイル / 中規模スタイル / 小規模スタイル / 飲み会スタイル / 合コンスタイル / お見合いスタイル / 特別企画 / セミナー

 

などの多彩なイベントがあるようですが、必ずしも常時このようなイベントがあるわけではありません。タイミングが悪ければ希望するイベントになかなか参加できないこともあるでしょう。

 

 

では、イベントコースに入会するメリットって一体何なの?

 

他の婚活パーティーの場合、結婚目的よりも恋愛目的の軽い動機で参加する方も多いし、身元も保証されているわけではありません。中には年齢や職業を偽ったり、既婚者なのに参加している人もいるでしょう。

 

一方、パートナーエージェントのイベントコースはお見合いパーティーの参加のみと考えると高いように思いますが、これらの料金には

 

身元が確かで結婚意欲の高い参加者ばかり

 

というメリットがあります。そう考えるとこれはこれで妥当な料金設定だと言えましょう。

 

 

 

資料請求は無料なので、もっと詳しく知りたい方は一度見ておくといいかも知れません。できれば無料カウンセリングも受けてみるといいですよ。

 

無料カウンセリング=入会ではないので安心して帰れますよ。資料請求はこちらから!

↓  ↓   ↓   ↓   ↓


 

 

 

年代別の特別コース① U28バリュー

 

「30歳になるまでに結婚したい!」

 

 

そんな20代の方からの要望に応えて生まれた「U28バリュー」は年々、会員数が増えつつあります。

 

若いんだし、出会いの機会だってないわけではありません。決して自分で相手を見つけられないわけではないけど、

 

・恋愛経験が少ない

・相談できる人が欲しい

 

そういうニーズが高いようです。

 

若いからこそ「どんな服がいいの?」「どんな話をすればいいの?」と不安も多く、そういう時に相談できる存在として望まれているようです。

 

 

 

U28の入会資格ですが

 

・男性は20歳~28歳で、一定以上の収入のある方

・女性は20歳~28歳

 

で、もちろん独身の方が対象になっています。

 

正直、「だったら29歳も含めてやれよ!」と思わないでもないですが・・・。

 

 

気になる費用ですが、登録料と成婚料はコース共通で、月会費と初期費用は安くなっています。

 

登録料  30,000円(税込価格 32,400円)

月会費  12,000円(税込価格 12,960円)

初期費用 20,000円(税込価格 21,600円)

成婚料  50,000円(税込価格 54,000円)

 

 

 

年代別の特別コース② PAX MEMBERS

 

中高年の熟年婚活をサポートするのが「PAX MEMBERS」です。

 

男性は50~55歳、女性は40~45歳以上が対象のコースで仕事や収入、学歴などにいろいろ条件がついています。

 

40代、50代、60代になると同年代の独身の異性と知り合う機会も少なくなるし、自身がバツイチだったりすると再婚にはなかなか踏み込めない場合もあるでしょう。

 

老後のことも考えるとどうしても慎重にならざるをえない、そんな中高年の方だからこそ、信頼できる相手と出会える結婚相談所を利用するのは賢い選択でしょう。

 

最近は熟年離婚も増えているし、日常生活では出会えなくても結婚相談所なら意外と見つかるかもしれません。

 

 

気になる入会条件ですが、関東、関西、東海地区で年齢が違っています。

 

 

パートナーエージェントのPAX MEMBERSの料金

 

仕事や収入に関しては

 

男性は定職に就いていて一定以上の収入がある方、もしくは個人事業主・フリーランスでの就業もしくは業務受託契約を結んでいる方に限定されています。また学歴は高卒以上で独身であることが条件になっています。

 

 

PAX MEMBERSの料金の内訳ですが、

 

登録料     30,000円(税込価格 32,400円)

月会費     14,000円(税込価格 15,120円)

初期費用 95,000円(税込価格 102,600円)

成婚料     50,000円(税込価格 54,000円)

 

登録料、成婚料は各コース共通で、月会費、初期費用はコンシェルジュコースよりはやや安くなっています。


 

 

 

 

 

 

 

お見合い講座を無料で受講する

恋愛経験ほぼゼロだった40歳(当時)の管理人がどうやって婚活して結婚できたのか、こちらに書いてます!

上記画像をクリックするとプロフィール紹介記事へ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング
ツイッター

ページの先頭へ